MENU

楽天ブロードバンドの格安SIMカードはどうなの?他社との違いを分析

格安が売りで利用者を着実に伸ばしている楽天ブロードバンドのSIMカードですが、最近広告で目にすることも増えてきました。広告では良い点ばかりが目に付くものですが、実際には他社とは違うどんな特徴があるのでしょうか?

 

まずはこの楽天ブロードバンドSIMカードという商品を簡単に説明し、その後他社との違いを見ていきましょう。良い点も悪い点も正直に分析していきたいと思います。

 

楽天ブロードバンドのSIMカードとは

楽天ブロードバンドのSIMとは?

楽天ブロードバンドSIMカードとは、スマホさえあればこのSIMを差し込むだけで高速インターネット回線につなげることができるというものです。通話というよりも、もっぱらネット回線につなげることと、動画などの高速通信を楽しむために売り出されている商品です。

 

値段は月々700円と業界でも最安値クラスを維持しており、月々わずか700円でスマホを持ってさえいれば、WIFIがない環境でも、いつでもどこでもネットにつなげることができるのがこの商品の最大の売りでしょう。2015年5月についにSIMフリーのスマホが売り出されるようになってからSIMロックが掛かっていないスマホなら、このSIMカードを差し込むことによって自由にネットが楽しめるようになりました。

 

以前ドコモを使っていた人ならSIMロックがかかった状態でも、そのまま楽天ブロードバンドSIMカードを差込み使用することができます

 

電話機能はない

楽天ブロードバンドSIMカードには電話機能はありません。電話番号がSIMカードについていないのです。しかし電話をかけるのは必ずしも電話を持っていなければいけないわけではなく、今はLINEやスカイプの機能を使って電話をかけることもできるようになっています。普段からLINEなどを連絡の手段としている人は電話番号がなくてもさほど困らないかもしれません。

 

少しややこしいのですが電話機能の付いた楽天のSIMカードもあります。これは『楽天モバイルSIMカード』という別商品になります。といっても内容は電話番号が付いただけでスマホに差し入れたSIMカードを使ってネットにつなげるという点では大きな違いはありません。

 

楽天という会社について

多くのMVNOが参入することになっていますが、正直通信業とは本来あまり関係のない会社もMVNO業界に参入するようになっています。正直そうした新規参入会社は接続は可能でも、各種サービスやアフターサポートという点ではまだまだです。

 

その点、楽天はすでに長年にわたってインターネット業界で大手キャリアにも負けない知名度と実績を残しています。各MVNOの会社のホームページを見れば分かりますが、明らかに楽天ブロードバンドSIMカードはそのサポート力という点で他社を超越しています。

 

楽天ブロードバンドのお申し込み・詳細はこちらから

楽天ブロードバンドのSIMカードのメリットとデメリットとは?

楽天ブロードバンドSIMカードが他社より優れている点

2つの点で他社より優れています。1つは価格が安いという点です。月々わずか700円で高速通信ができるのは業界でもかなり安い部類に入ります。

 

2つ目は社力とサービスに優れているという点です。これは楽天という会社の資金力のみならず、コンテンツの多さ、会員サービスの充実などに表れています。

 

楽天ブロードバンドSIMカードが他社より劣っている点

楽天ブロードバンドSIMカードは現時点で次の2つの点が他社と比べ劣っているかもしれません。1つは契約プランの選択です。以前は600M、2.1G、5Gと高速通信を使用できる容量が選択できました。さらに2.1Gと5GはSMSつきとSMS無しを選ぶことができて、合計5つのプランを選択することができていたのです。しかし現在は600Mで700円の格安プランしか選択することができません。他社は大容量の高速通信を含め複数のプランを選ぶことができるので自由度は多いでしょう。

 

2つ目は通信速度です。一部通信量が込み合う場所では楽天ブロードバンドSIMの通信速度が遅くなるようです。その理由は会員数の多さにあるでしょう。楽天は大きな会社ですがMVNOですので自社の通信網を持っておらず、ドコモの通信網を一定量借り受けて、その容量内で運営しています。地区ごとの通信量が決まっており、ある地区の当然会員数が多ければつなぐ人も多いので速度は遅めになってしまいます。

 

その点、最近MVNOを創めた会社は会員数が少ない分、各会員が速い通信速度を維持できます。といってもそうした新規参入業者が今後も速い速度を維持できるとも見込めません。半年から1年ほどしてある程度の顧客を抱えてしまえば速度は落ちてしまうからです。楽天は早くからMVNOに参入している分、早めに速度低下の現象が出てしまっていると言えるでしょう。

 

今後の展望

今後は楽天ブロードバンドも高速通信へ

楽天は現在プランをシンプルかつ低価格の600Mプランに絞り、一人一人のユーザーの通信総量を抑えるという方法で、お昼休みの時間帯以外は動画もサクサク見れる高速通信を維持しています。2015年にSIM自由化となって最近参入したMVNO各社は、ここ数ヵ月は速い通信速度でしょうが、しばらくすればすぐに楽天以下の通信速度に落ち込むことが予想されます。

 

結局1年もたって状況が落ち着けば、低価格、かつそのほかのサービスが充実した楽天が有利となることが見込まれます。楽天は他のMVNOと比べて大企業です。よってキャリアからの通信容量の増加も見込めるでしょう。そうなると更なるサービスの充実と、高速通信の実現が可能となると思われます。

 

楽天ブロードバンドSIMの契約の仕方

電話かインターネットでデータSIMの申し込みをすることになります。1週間から2週間前後でSIMカードが自宅に到着します。SIMカードをスマホに差し込むのですが、スマホはSIMフリーのものを自分で用意することになります

 

SIMカードをスマホに指し最後に設定をすることになります。といっても、このスマホをどこにつなぐかを指定するだけです。APN設定というところからできるのですが、ユーザー名、パスワード、認証タイプを説明書、またはネット上に書かれているとおりに打ち込むだけで難しくはありません。

楽天ブロードバンドSIMカードの評判を分析

楽天プロードバンドのSIMカードですが、その格安価格と楽天という大手企業の信頼度もあってユーザー数は多いようです。しかし価格や会社のイメージも重要ですが、実際に使ってみて使い勝手はどうかも重要なポイントでしょう。

 

今回は実際に楽天ブロードバンドSIMを使っている人から寄せられている口コミを元にこの商品の長所と弱点を厳しく分析していきたいと思います。

 

楽天ブロードバンドの実際の口コミ評価とは?

良い口コミ

 

ストレスなく、特に問題なく使用しています。 通信スピードも速くて満足しています。


 

 

FOMA回線と比べると、早いし繋がりやすいと思います。


 

 

楽天のSIMにしてから通信費用が大幅に削減できました。ざっと以前の5分の1くらいです。


 

 

楽天SIMカードは料金がアプリ使用などで抑えられるので気に入っています。


 

 

毎月の支払いで楽天ポイントが貯まるのが嬉しい。これは他にない特典だと思う。


 

悪い口コミ

 

速度が遅いと思います。通常は問題ないのですが、お昼休みの時間帯はまったくと言っていいほどつながりません。


 

 

キャリアは店舗も多く店舗で聞けるのに、楽天は基本電話対応。しかし電話をかけてもつながらない。つながっても電話ではわからないことが多い


 

口コミ分析

速度という点に関しての評価は2分します。速いと感じる人もいますし、遅くて使えないと感じる人もいるようです。これは以前どんなものを使っていたかによる体感速度の違いから来る主観が入るので、意見は異なるようです。さらに地域ごとの電波の入りやすさや、使っているスマホのスペックがどれほど高いかによっても実際の表示速度に違いがあるの評価が分かれるようです。ただし昼休み時間帯などとりわけ回線が込む時間帯は速度が遅いというのは共通している意見なので注意が必要です。

 

価格設定に関しては安いと感じている人が多いようです。他社MVNOと比較してもかなり安い価格設定に入るので、値段も良心的な範囲なのでしょう。楽天ポイントが貯まるというのは楽天ならではの強みのようです。これはかなり好評でかなりのプラス意見が寄せられています。

 

電話対応についてはスマホの基礎を知っている人であれば問題ないようですが、機械類がまったく苦手な人にとって電話対応だけというのは敷居が高いようです。「スマホは立ち上がっていますか」という質問の意味さえ分からない人はたくさんいるからです。やはりそのような人にとって店舗を多くかまえているキャリアのほうが安心感は大きいでしょう。

 

これはデータSIMではなく、楽天モバイルの方になりますが、楽天ならではの特徴として格安電話の『楽天でんわ』を使えることに伴う好評価もたくさん寄せられています。実は楽天でんわは単なるアンドロイドのアプリです。実は他社MVNOのSIMカードを使用しているときでも、楽天でんわは利用できてしまいます。

 

注意を要するマイナー口コミ

 

SIMカード壊れたり失くしたりした時4000円掛かるのは高いと思う。他社は3000円くらいなのに


 

 

初速バーストが無いのはマイナスポイント


 

 

解約が面倒。電話でしかできない。しかも電話番号が見つからない


 

冷静な総評

初期バーストなどのちょっとした嬉しい機能などお客さん観点からのサービスは他社MVNOより少し劣っているかもしれません。解約がしにくい、修理費が高めなどは楽天という会社の利益追求主義が少し見え隠れするところでしょう。速度の点では特別秀でているわけではないようです。しかし全体評価としてはやはり価格が安く、通信業に長年従事してきた会社ゆえの安心度は好評価につながっているようです。

 

楽天ブロードバンドの公式サイトへはこちらから

設定は難しくない?楽天ブロードバンドやモバイルのSIMカード

MVNOが通信業界に参入するようになってきて一つの問題が生じるようになって来ました。それはSIMカードの設定を自分でしないといけないというものです。

 

いままでのキャリア3社は各地に店舗を構えており、契約から設定、メンテナンスから解約まですべて各店舗で対応できたのです。機械に苦手なお年寄りや女性の方も安心して携帯やスマホ利用できたのですが、新しく参入したMVNOの業者のほとんどは店舗を持ちません

 

つまり申し込みはインターネットでできるのですが、SIM挿入後のスマホの設定は自分でしないといけないのです。楽天モバイルやブロードバンドのSIMカードの設定は簡単なのでしょうか?無事に個人でSIMカードの設定を終えるには次の3つのポイントを抑えておく必要があります。

 

  • 申し込みから使用開始までの流れ
  • ドコモのスマホを使う場合とその他のSIMフリースマホを使うときの違い
  • アンドロイドとiphoneのAPN設定の違い

 

申し込みから使用開始までの流れ

簡単に流れ説明すると次のようになります。

 

  1. MNPを使用することを以前使ってい電話会社に伝えMNP予約番号を受ける
  2. ネット上で楽天モバイルSIMカードのホームページにいき、申し込み画面に必要事項を記入する。(その際にMNP予約番号も記載し、個人証明書類も写真にとって添付する)
  3. 楽天から申し込み確認メールが届き、3〜10日後にSIMカードが届く
  4. SIMカードを端末に差し入れ、APN設定を行なう
  5. 使用開始

 

このように使用開始までに4つの段階を踏まないといけません。楽天ブロードバンドSIMカードの場合は電話番号に引継ぎなどがいりませんので、最初のMNP発行は省略されます。

 

以前の電話番号を引き続き使用したい場合は、MNPの予約番号が発行されてからSIMカードの設定が終わるまでの1週間〜2週間の電話番号が使えない期間が生じてしまいます

 

ドコモのスマホを使う場合とその他のSIMフリースマホを使うときの違い

ドコモそれ以外のSIMフリースマホ使用時の違いとは?

以前使っていたスマホがドコモの場合は、楽天SIMを差し込めばそのまま使えます。ただし以前がAU、ソフトバンクのスマホであった場合、SIMフリーのバージョンで無い限り、楽天ブロードバンドのSIMカードを直接指しても使えません。

 

SIMロックを外す方法はあるのですが、複雑なので素人はあきらめたほうが良いでしょう。また、SIMロックを外してくれるところを探すのも容易ではありません。よって以前がドコモでない限りは、新たにSIMフリーのスマホを自分で用意する必要があるということを覚えておきましょう。

 

続いて注意が必要なのはデザリング機能です。以前のスマホがドコモのときは楽天のSIMカードに切り替えた時点でデザリングが使用不可能になってしまいます。ちょっと専門的な話になってしまうのですがドコモのスマホはデザリングを使用としたときに、APNが自動的に『spmode.ne.jp』になってしまうのでデザリングできないのです。SIMフリーのスマホにSIMカードを指して使用する場合はデザリング可能です。

 

アンドロイドとiphoneのAPN設定の違い

アンドロイドの設定方法

設定での一番の関門がAPN設定を自分で行わなくてはいけないという点でしょう。といってもスマホの中のAPN設定というところを開いて、「アクセスポイント名」「ユーザー名」(何でも良い)「アクセスポイントパスワード」「プロキシサーバーとポート」の4項目を書かれているとおりに入力すれば終わりです。アンドロイドのスマホの場合はコレをスマホ上で入力すれば終わりです。

 

iphoneの設定方法

iphoneの場合は少し違います。SIMカードが届いたらパソコンに「iPhone 構成ユーティリティ」というものをインストールする必要があります。パソコン上に先ほどの情報を記入してから、iphoneと接続し、パソコンを通して端末にもその情報をインストールするという形でAPN設定をする必要があります。

楽天ブロードバンド


楽天ブロードバンド月々の支払を大幅ダウンさせよう


Y!モバイルのお申し込み・詳細はこちらから